看護師特定行為研修

富士病院 看護師特定行為研修 <2018年秋 開講決定!!>

特定行為に係る研修制度

富士病院の理念「人に優しく信頼される病院」に基づき、チーム医療のキーパーソンである看護師が、急性期から在宅を含む医療現場において、患者のニーズに対して効果的に働きかけられるよう自立して活動できる看護師を育成します。また、地域の機関病院として、地域における在宅医療を見据え、看護の専門性を発揮できるモデル看護師を育成します。

研修期間(6か月)

  • 春コース 4月〜9月
  • 秋コース 10月〜翌年3月

今期開講する特定行為区分(10区分20行為)

  1. 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  2. 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  3. 呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
  4. 栄養に係るカテーテル管理(CVC管理)関連
  5. 創傷管理関連
  6. 創部ドレーン管理関連
  7. 動脈血液ガス分析関連
  8. 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  9. 血糖コントロールに係る薬剤投与関連
  10. 循環動態に係る薬剤投与関連

定員

  • 2名

看護師特定行為研修受講ご希望の方へ

受講を希望する方で、書類の準備が間に合わないとお思いの方、一度直接当院へご連絡いただければと存じます。

  • TEL:0550-83-3333
  • 富士病院 総務課 看護師特定行為研修 担当:鈴木

要項と受験申請書について

要項と受験申請書はその都度コース毎で変わりますので「特定行為研修のお知らせ」にてご案内させていただきます。次回開講情報などもお知らせしていきますのでご確認ください。

特定行為研修の最新のお知らせ


特定行為研修お問合わせフォーム

個人情報保護方針はコチラ

*下記フォームにてお預かりした個人情報は、「お問い合わせへの返答、資料送付」に利用させていただきます。


郵送しない郵送する


募集要項申請書類パンフレット

書類の発送先

captcha
(上記の英数字を入力)
(SPAM対策)